【礼拝再開のお知らせ】




 【再開後の礼拝の持ち方について】

礼拝は全体で30分とし、会衆はマスク着用で、感染防止のため讃美歌(頌栄+2曲)は着席のままで黙唱とします。
社会的距離を保つため献金箱を礼拝堂の入り口に置き、入室する際に各自献金(額は任意)をし、礼拝において担当執事により一同からの献金をします。
密接を避けるため、間隔を空け座席を指定し、礼拝堂30名、集会室20名とします。
密接を避けるため当面、受付は長老・執事の2名とします。
当面、聖餐式は行いません。
当面、主日午後及び週日の集会は行いません。


【集会開催の要件について】

①対面しない集会(メール会議・TV会議等)も正式と見なすこととします。
②対面集会について
(ア)1室内に1集会に限定します。
(イ)社会的距離は原則2mを確保するようにします。
(ウ)所要時間は原則30分以内(伸びても1時間以内)とします。
(エ)マスク着用、定期的換気、飲食は原則禁止(ただし水分補給は可)です。
(オ)集会の開始前と終了後は、机・イス等接触部の消毒をすることとします。
(カ)讃美する場合は当面「黙唱」とします。