礼拝の手引き
ようこそ、茅ヶ崎東教会のホームページに
おいでくださいました。
礼拝についてご案内いたします。

  • 礼拝は週報に印刷されている礼拝式順序にしたがって行われます。
  • 礼拝では聖書(新共同訳)と『讃美歌21』を使用します。お持ちのない方にお貸しします。
  • 讃美歌は、奏楽者が弾きはじめると共に起立し、一番が弾き終わってから一緒に歌います。
  • 祈りと讃美歌の最後の「アーメン」は、主イエスが話したアラム語とヘブライ語で、 「ほんとうに、そのとおりです」という意味です。世界共通です。
  • 礼拝の中では、礼拝招詞、讃美歌など、起立する場面が何度かありますが、お体の具合の悪い方は着席のままで結構です。
  • 礼拝の後半で奉献感謝(献金)がありますが、初めてお越しの方や持ち合わせのない方は、そのままお過ごしください。なお、ささげる気持ちが大切で、額は問われません。
  • わからないことがありましたら、近くの方に遠慮なくお尋ねください。
前 奏 オルガン演奏によって、開会を待ちます。
黙祷しつつ礼拝に備えます。
 信仰告白 普段は「使徒信条」を、洗礼式・信仰告白式・入会式が行われる時には「日本キリスト教会信仰の告白」を、唱和します。
礼拝招詞 礼拝の始めに、聖書の言葉が読まれます。それは礼拝が神の招きの言葉によって集められ、開始されることを表します。  讃 美 歌  (先に同じ) 
頌 栄  神の招きに応えて、27番を歌って神をたたえます。  奉献感謝 神の恵みに感謝し、自分自身を捧げるこころをもってささげる、神へのささげ物です。 
代 祷 司式者が、礼拝出席者を代表して、神に祈りをささげます。    主の祈り 主イエスが弟子たちに教えた「主の祈り」を一同で祈ります。
 讃 美 歌 神の恵みに応えて、神の栄光をたたえる歌を一緒にうたいます。  聖  餐  式 毎月第1主日礼拝で行われる聖餐式は、十字架につけられ主イエス・キリストを想起し、その恵みにあずかる礼典です。洗礼を受けた方はどこの教会員でも与ることができます。
 
聖 書 神の言葉である聖書の旧約と新約の中から一箇所づつ読まれます。また、説教は、ここで読まれる聖書の言葉に基づいてなされます。  頌 栄 29番を歌って神をたたえます。
 
 讃 美 歌 (先に同じ)  祝 福 神の言葉の祝福を受け、新しい一週間の生活へと遣わされます。 
 説 教 神の言葉である聖書が説き明かされます。  後 奏  オルガンの奏楽のあいだ黙祷をし、礼拝が終わります。
祈 祷 説教者が祈ります。